リハビリテーションを医療保険や介護保険の枠組みで推進してゆくことは、患者さんやご利用者、その家族にとって、大切なことです。

しかし、医療保険や介護保険で補えない部分、または介護、認知症などの予防など。
そういうことを地域でサポート出来ないのか?
また、リハビリテーションは何ができるのか?
福島は震災があり、大きなダメージを負いましたが、今、元気を出そうと、みんなが頑張っています。
では、リハビリテーションをすることで、人は元気になることができるのでしょうか?
それを探すために、この会を設立しました。

(一般社団法人ふくしまをリハビリで元気にする会 理事長 岡本 宏二)

 


 

岡本 宏二

作業療法士、介護支援専門員、感覚統合療法学会認定訓練士、保育士、
キネシオテーピング協会公認プラクティショナー・インストラクター
経絡リンパマッサージ協会認定セルフケアアドバイザー
一般社団法人ふくしまをリハビリで元気にする会 理事長
ふくしまリハビリ元気塾「あしかの学校」主宰
福島県内各市町村行政・保健センター等 嘱託契約
介護老人保健施設 2ヶ所 非常勤 リハビリテーション科支援(職員教育)
小児養護施設・小学校 非常勤勤務 リハビリテーション支援
言語聴覚士養成校 非常勤講師(2002年4月~)
作業療法士養成校 非常勤講師(2012年~)
大学非常勤講師 (2014年~)
【経歴】
1961年生まれ
1987年 作業療法士免許取得
その後、病院および老人関係施設等勤務ののち
2012年5月11日 ふくしまをリハビリで元気にする会 設立
2012年8月1日 一般社団法人化
2014年4月~現在 東京福祉大学大学院 社会福祉研究科 児童学専攻

○一般社団法人 福島県作業療法士会
会長(1999年6月~2012年5月)
監事(2012年6月~現在)

○一般社団法人 日本作業療法士協会
代議員(2012年5月~現在)
広報部長(2009年6月~2011年6月)
広報部 広報委員長(2011年6月~現在)
<平成28年8月現在>